急場をしのぐ

知られていないお金の裏話

MENU

急場をしのぐ

昔はキャッシングなんて、非常によくないことのように心持ちていました。人から相場を借りることは100パーセントにやってはいけないと言われて育ってきたので、そのせいもあるのでしょうか。なんだかあまりいい思いがないのです。自分はカードローン、住宅ローンなどの借り入れをしています。

 

給料減で生きていくのも非日ごろからきついのだけれども、この春にまた借財せざるを得なくなってしまいました。子どもが小学校に合格したのです。授業料は就学支援金で返せるのでまだいいのけど、制服や体操服、教科書などに約20万円ぐらいかかるし、また進学してからもPTAの参加金やら修学旅行、卒業アルバムの積立金やらで年間7万円ぐらいはかかるので、とても費用の出せるところがなかったのです。

 

クレジットカードは悪用されると怖いので、親族でも貸してはいけませんね。でもたった数時間でキャッシングサービスに申し込めて、振り込んとはいってもらえるというのは、自身が急場になった時に助かりそうですね。今日引き落としなのに口座に預ける時間がないとかそんな時々、間に合わせにキャッシングを頼って自身の代替で振り込んでおいてもらう、というような活用仕方もできそうです。

 

 

振込手数料がタダのところもあるようですので、直ちに返付しておけば完全にマイナスにはならないし、有用ですね!キャッシングのおそろしいと思ったところをすこし話したいと心中ます。キャッシングをすること自体は何にも怖いこともおそろしいこともありません。1番危険なのは、キャッシングをするわたしの感覚が狂っていくところにあります。

 

一度キャッシングの便利さを味わうと、今まで値段が必須だけど我慢できていたときだけど、キャッシングをすれば金額があるから普通にわたしの貯金のように料金を借金るようになります。

 

 

同棲し始めに食べていくの費が不足したためわたしのクレジットカードでキャッシングをしたことがあります。借財は利息を含め、60万円ほどになりました。具体的な用途は、両親の反対を押し切って2人で生きていくのをし始めたため、急な生きていくの費や家財道具が必要不可欠となったためです。

 

もともとの貯金だけでは足りず、彼わたしも金融ブラックでしたので自分の名義でクレジットカードを作成し、使用することとなりました。わたしに役員がまわってきて、これほどまでにキャッシングサービスがありがたいと状態たことはありませんでした。

 

いきなり数十万の現金の立て替えだなんて、そうそう単純にできることではありませんからね。こんなに多額の現金の立て替えが重要だとは想像してもみませんでしたし‥。立て替えをして翌日には役員の口座から出金、それを早く返済に充てましたから、利息もなく済みました。